代表者挨拶

M&Aと言えば、一昔前までは大手企業だけが行っているものと思われていましたが、昨今では日本国内の人口減少や景気の低迷が影響し、中小企業にとってもM&Aは関係のない話ではなくなってきています。
実際、当社のクライアント企業の中にも、様々な理由で自身が経営する会社や事業を第三者へ売却したいという相談が年々増えてきております。
もっとも多いのが、身内に後継者がおらず社員への事業承継も難しい状況の中、M&Aにより会社や事業を売却したいというケースです。後継者が不在の場合、M&Aによる会社譲渡は有効な選択肢と言えるでしょう。社員の雇用を守れるだけでなく、取引先や金融機関に迷惑をかけることなく、事業を維持・継続させることができるからです。
二つ目に、更なる企業成長を目的として、経営資源の豊富な大手企業に会社や事業を売却したいというケースです。
企業の経営環境が厳しさを増していく中、経営資源に限りのある中小企業が単独で成長していくことは簡単なことではありません。中小企業経営者は更なる企業成長を目的として、経営資源の豊富な大手企業グループの傘下に入ることで販路拡大や資金調達、対外的な信用確保、人材の確保など、M&Aによる会社売却のメリットを得ることができます。また創業者としては保有していた株式を売却することで創業者利益を得ることにもつながります。

一方で、現業がうまく推移している中で、更なる企業成長を目論見、会社や事業を買収したいというニーズも増えてきています。一から事業を立ち上げることは、商材確保から人材確保、販売先(仕入先)確保など、時間と労力、それに資金を要します。M&Aにより会社や事業を買収することはこれらの労力を省くだけでなく、事業リスクも軽減できます。

当社のミッションは、こうした会社や事業を売りたい側と買いたい側のニーズを汲み取り、ベストマッチングを成立させることです。
売る側と買う側のニーズが合致した時、初めてM&Aは成立します。その橋渡しを行い、双方に喜んでいただくことが当社の社会的使命と考えています。
また、当社はM&Aアドバイザリー業務だけではなく、財務コンサルタントとして金融機関やファンドからの資金調達のお手伝いも行っております。また資金調達に伴う事業計画書や資本政策、株価算定などの資料作成業務もお手伝いいたします。

当社は、中小企業経営者の参謀役となり、企業の発展に貢献してまいります。
ピラーテ株式会社の今後の活躍にご期待ください。

ピラーテ株式会社
代表取締役社長 黒澤明宏

御問い合わせはこちら

このページの先頭へ